FC2ブログ

CFT Turning

乗り心地や運転に不安がある方、車酔いに困っている方のお助けになれば!

CFTバッファー お勧めする車種

乗り心地を良くするCFTバッファーですが、ブレーキを強化出来るという側面もあります。


サスペンションは何のためにあるのか?というと、「タイヤのグリップ力」を引き出すため。にあるのです。


バネの反発力とオイルダンパーの組み合わせにより、タイヤを路面にジンワリと押し付けていくのです。


サスペンションの無い自転車、例えばママチャリなんて簡単にタイヤがロックしますよね。


サスペンションが無いのでタイヤのグリップ力を引き出すのが難しいのです。


サスペンションでリフトアップしている車はサスペンションはカチカチで全く動いていませんので、ママチャリと同じ状態です。サスペンション=鉄の棒です。


この場合にはCFTバッファーは効きません。動かないサスペンションには無力です。


一方、ちょっと古いお車でサスペンションがフニャフニャな場合、ブレーキをかけると一気に前に力が行きますので、これまたタイヤのグリップを引き出すことができません。「ジンワリ」が重要なのです。

この場合、CFTバッファーは効きます。ちょっと硬めな感じに調整しますので「ジンワリ」力が移動します。


結果、ブレーキの効きが良くなります。


CFTバッファーは以下の車にお勧めです。


・ホイールをインチアップした。


・カーブやブレーキで車体が船みたいに揺れる。


特にインチアップしたらブレーキが効かなくなった。という方は多いです。ホイールの重さにサスペンションが付いていってないのです。サスペンションが柔らかすぎる状態です。


ここでブレーキ性能をあげるために、効きの良いブレーキパッドに交換しますよね。


こんどはブレーキが急に効きすぎるのでサスペンションが柔らかすぎる状態が更に加速します。


こうなったらCFTバッファーの出番です。一度取りつけてみて下さい。


スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

.new {color:red; font-weight:bolder;}