FC2ブログ

CFT Turning

乗り心地や運転に不安がある方、車酔いに困っている方のお助けになれば!

CB400SF NC39 ユーザー車検 in 多摩自動車検査登録事務所

金曜日、何故か朝早く起きてしまったので、(多分、研修の起案が不安だったんだろうけど)。

ネットでCBの車検の予約をしました。(起案の見直ししろよな。)

月曜に行くべな。って決めて、事務所の最寄りの所沢車検場を選択。・・・・あら。一杯で入れない。

んじゃ、いつもの練馬にすっか・・・あら。もっと一杯。

ナヌ…。

・・・んじゃ、多摩にすっか。・・・おっ!ガラガラ。

よっしゃ。多摩に決定。


ロードスターを思い出すなぁ~。多摩で登録したんだよなぁ。

んッ。

そーいや、なんでこんなに空いてんだ?厳しいからじゃないの?  やべ。他にすれば良かったかな…。

と、思いつつも、研修へGo!


そして、今日。多摩は道が狭くて嫌なんだよな。とか思いつつ、行ってまいりました。


ここで、CBの問題点。

・メーターがちょっとおかしい。走りだしてもスピードメータが動かない。何かの拍子に動くんだけど。スピード表示もちょっと変みたい。(プリウス併走にて確認)。

・フロントのウインカーの付け根にヒビ。

・リアタイヤが2006年製で多少ひび割れあり。

・アイドリングがなんだか不安定。

・ミラーが左右で違うものついてる。

・全体的な色褪せ感。

・光軸適当。

・左のFフォーク、ダストシールが割れてて、オイルが少し滲んでるかなぁ~。


ま、この程度なら通せるべな。ってことで特になにもせずに本番へ。


早めに着いたので、向かいの行政書士屋さんで自賠責だけ加入してしまう。25か月。

んで、斜め前にあったテスター屋さんにて光軸調整。2000円。

8時半になり、業務開始されたので、建物番号1番にて、用紙を買う。20円。

本館にて用紙記入。弁理士たるもの代書屋さんは使わない。っていうか、そもそも車検証の題目を探して書き移すだけなので、一気に何台もやる業者さん以外はメリットないでしょ。

本館の6番窓口にて方式チェック。

二輪レーンに行ってね~。ってさ。

行ってみると、前にはW650。一台しかいない。あっ、昔の方ね。俺より年上のバイク。すごい綺麗にしてて、レーンに並んでるのに磨いてる。

すげーなぁ。メッキが光ってるもん。錆び、汚れ一つないわ。

私には無理。走ればOKだもん。中古部品を補修もせずにそのまま使う男です。

ちょっと待ってたら、9時になり、レーン検査開始。

結局、並んでたのって、二人だけでした。ガラガラじゃん。


初めに書類チェック。同時進行にてフレームナンバーやエンジン形式、ライト等の確認です。

びっくりしたのが、ハンドルロック検査。こんなの初めてやりました。

そして、排ガス検査。

プローブを入れて待つだけ。だけど、アイドリングが続かない。仕方なしに2000rpmに設定を上げる。

ハイ。OK。だって、ノーマルだもん。



次はブレーキ検査。

指示通りに力一杯、ブレーキ握って踏み込めば問題無し。



さて、関門のスピードメーター検査。

速度信号は前?後ろ?と聞かれるも、「解りません!」と答えるしかなし。

まずはフロントタイヤを回すも、メーター動かず。あら。ヤバいかな。。。

リアタイヤを動かすと・・・やっぱり動かず。あれ~?おかしいっすね~。なんていってると、検査の終わりごろに動き出しました。

おっ!動いた!ってことで再度検査。

スピードメータがどうあれ、本当は回転数だけで合わせる予定だったけど、(2速で40キロなら6000rpm付近)。検査員が横に付きっきりで見てくれるのでなんともできず。

動いてよかった。本当に。

でもね、このメータで50キロ表示が世間一般の正しい40キロなのでございます。従って、このメータで40キロ表示のときに合図を出してしまうと不合格になります。検査員、横で見てるしどうしよう…。

しかたないので、45キロ位になったときに、反応が遅れた感を出して合図してみました。

結果、OKでした。 ほっ。



残るは光軸。

これはテスター屋さんで調整済なので、あとは吹かすだけ。ここがポイント。吹かさないと光量が足りません。

6000rpm位にして、一発OK。


総合判定OKのスタンプを貰い、1番家屋の窓口6番へ提出。1分位で新しい車検証交付。

はい。終わり。

時間にして15分程度かな。



車検ってあんまり意味ないよなぁ。と思いつつ。3万以内で収まってホッとしました。


多摩自動車検査登録事務所の職員さんはとても親切で、ビックリしました。誰にでも解るよう、新設に教えてくれますよ。


さて、車検も取ったし、さっさと俺の基本形に戻さなきゃ。


帰りにプラグだけ買ってこう。二番がきっちり点火されてない模様です。


注意
車検を通せない車ってのは、基本的には無いですが、(色んな裏ワザがある)。車検でみるのは最低限の綱目であって、車検取ったから、安全に走れるってものではありません。

例えば、エンジンオイルの量や、ブレーキパッドの残量なんかも見ません。異音があっても、検査項目ではないので、検査官は弾けません。乗りっぱなしの車でもその気になれば通せます。

でも、そんな車を公道で走らせられますか?

車検と安全性は全くの別物なのです。過信せぬよう気を付けて下さい。


また、日ごろから整備をしているからこそ、車検時に特に何もやらなくても通せるのです。

次に交換すべき部品はコレで、その後はコレ。って自分の車の状態を理解している方以外は、きちんとプロに整備して貰いましょう。

安心感が違いますし、その方がバイクに楽しく乗る時間が増えますよ。

バイクの整備不良は洒落になりません。決して費用だけで考えることなかれ。


因みに、前回の車検時の走行距離…H18年で20000キロ。

    今回、         H25年で23800キロ。

7年寝かして、2年で3800キロしか乗ってなかったんだな。

これからは少しずつ、乗るようにします。











スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

.new {color:red; font-weight:bolder;}