FC2ブログ

CFT Turning

乗り心地や運転に不安がある方、車酔いに困っている方のお助けになれば!

CB400SF タイヤ交換 ダンロップ α-13編

α-13に交換しました。

またまた手組み。

タイヤ交換、何回やってんだろ。

まずはジャッキアップ。
しかし、マフラーが邪魔でジャッキアップ出来ない。

前回はどうやったんだっけ?さっぱり思い出せん。

マフラーに掛けたらダメだよなぁ。

エンジンガードにかけてみよう。


んで、アクスルシャフト外して・・・ホイールが…。抜けない。

ブレーキキャリパーが干渉しとる。

取りあえず、ボトムケースを回して回避。 入れる時はキャリパー外さないと無理だわ。

ふう。面倒だなぁ。ネイキッド。

やっとホイール外れた。とはいえ、ここまで10分位。

さて、ビート落とさなきゃ。

Have a タイヤレバー。

コネってビート落とし。あとはサクサク取り外し。

今回はエアバルブも新品に交換。ちょっとずつエアーが漏れてたみたいなので。


以前、ストレートで専用工具を買ってあったはず。コレが無いとなかなか入らないんだよね。

流石専用工具。サクッと何事もなかったように交換完了。

あとは、回転方向に気を付けて、タイヤの軽点とエアバルブ位置を合わせて組み込むだけ。

α-13は柔らかいので、レバーを使わずに片面挿入完了。自転車みたい。

反対側も難なく挿入完了。

あとはビート出し。

早速登場。手押し式空気入れ。

今回は132回でビートが出ました。楽ちんでした。

ムシを入れて、空気圧を2.5位に調整。

ついでにキャリパーを掃除。4ポッド、またまたメンドクサイ。

今回ジョイフル本田で買っておいたTOYOTA純正ラバーグリスなる物を使用。

ピストンが良く動くようになりました。

折角だからブレーキフルードも交換しようかなと思ったけど、日差しが出てきて暑くなったので保留。


早速、軽く走りに行ってきた。

では、インプレ。

走り出した瞬間に、CBが、「何かキッカケがあり次第、随時バンクさせます」って言ってくる。

そして、本当にバンクして曲がっていく。

勿論、滑るとかの恐怖は一切無し。

段差も跳ねないで、乗り心地もソフト。

直進安定性は減りました。しかし、曲がっていこうとする力とその状態での安心感は素晴らしい。

何より、ブレーキが良く効く。

CBがレプリカになってもうた。

イケイケです。

直進性を取り戻すために、ショックサイレンサーナットの取り付け先を探さねば!








スポンサーサイト



PageTop

飯能から山梨へ。

飯能に住んでいると奥多摩が近いんですよ。

ちょっと朝早く出れば、成木街道で軍畑まで出れるので渋滞が無い。

そして、奥多摩まで行くと山梨が近い。

139号の松姫トンネルが完成すれば、山中湖も近くなる。

新たなツーリング場所を開拓したく、トンネルの早期完成を望みます。

あの山道、行きはいいけど、帰りの夜道は辛い。ガソリンスタンドも無いし、燃費も悪いのでちょっとね・・・。

PageTop

プリウス NHW20 理想のマフラーを作る!

プリウスの純正マフラーって、静かですよね。

トルクフルだし、高速に乗らなければ文句無し。

しかしながら、高速での追い越し等の高回転域ではもう少し抜けが欲しい。

しかし、社外品のマフラーは、音が大きくなるし、抜け過ぎる。

私の理想は、「純正並の静かさで、もう少し抜けの良いマフラー」です。

どっかにないのかしら?

結論

出来ました。今はまだ世に出せない製品ですが、ストレイガにありました。純正マフラーの性能を上げる製品が。

お値段、16,800円。

スポーツマフラーと同様の性能で、16,800円。や、安い。

更に+αで、センターパイプやタイコ部分を自分で加工。使った工具はハサミだけです。


純正時より静かになった。不思議なことに、ロードノイズが激減した。




まぁ、本当に最高のマフラーは、NGCで作ってもらう事ですが、そこまで資金が無いし、今はコレで満足。

どーしても興味ある人は見に来ても良いよ(笑)



PageTop

タイヤ交換 トーヨー エコウォーカー 165/65R15

リアタイヤ2本を、ブリジストンのEP25(175/65R15 IQ 純正タイヤ)から、トーヨーのエコウォーカー(165/65R15)に変えました。

木更津の三井アウトレット横のカインズホームで安く売ってたから買ってしまった。

2010年モデルだけど、新品、ラベル付きで2000円だった。タイヤもまだ柔らかくて全然いけます。因みに交換工賃は1000円だって!安いよね。ここのアウトレットなら私でも楽しめます。アストロプロダクツもあったし。

タイヤは柔らかさが大切。中古の場合はさらに、ビートの傷や内部ワイヤーの変形にも注意。

今のEP25も、今シーズンは持ちそうだったんだけど、新しいタイヤを買ったら即効付けたくなって、装着しちゃいました。

もち、手組みです。

165なので、6Jの純正ホイールに組み込みます。今付けているモンスタースポーツのホイールは6.5jなので尻下がりになっちゃうかなと。ただでさえ径が小さくなってますからね。

なんだか最近タイヤ交換ばっかりしてるな。

先ずは、ホイール内部をフキフキ。

んで、ビートクリームヌリヌリ。

あとはタイヤレバー3本でグリグリ。

初めにある程度体重かけて入れていくよりも、全くタイヤを入れないで、初めからタイヤレバーで入れていく方がうまく行く気がする。

入ったら、ビート出し。

空気入れでひたすら入れる。ああ。コンプレッサーが欲しい。


フロントはレグノのXTに変えたばかりなので、リアに装着。

レグノのXT、素晴らしいのは軽さ。めっちゃ軽いの。確かに静かだしね。あと、レグノでダメならもうダメだって諦められる感がある。

バランス取ってないけどリアだから気にならない。軽点も合わせたしね。

こんなにタイヤ交換やるなら、バランサー作ろうかな。単にハブ穴に合わせた塩ビ管買ってくるだけだけどね。


さぁ、インプレ。

タイヤの外側が丸い感じなので、ちょっと古臭い感じがする。更に、165だとホイールの外側よりタイヤが内に入ってるので
何だか凄い内側に入ってる感じがする。5㎜のスペーサー入れてもいいかも。

一番の違いは、ロードノイズ。静かになった。明らかに静かになった。嫁も分かった位。

静さではレグノと変わらないレベルに思える。

そして気が付いた。ショックサイレンサーナット、レグノと同じ位の消音性能持ってるわ。やっぱ、コレは凄いな。意匠も無事に取れたし皆さんにも是非体感して頂きたい逸品です。

因みに、EP25は新品からノイズが大きい感じでした。元々付いていた2005年のカチカチの中古タイヤから交換しても、ノイズは同じ、グリップが上がっただけって感じでした。

スタッドレスに変えると、静かだなぁ。って感じた位うるさいタイヤでした。

乗り味は、柔らかめです。街乗りには最高です。グリップも問題なし。何より静か!風切音が聞こえるようになった。

燃費は最近エアコン付けたりしてるのでよくわかりませんが、今の所悪化はしていません。

軽井沢行ったら27.4まで落ちちゃった。エアコン、渋滞、坂道だもの。最近は盛り返してきて27.6

タイヤ変えても27.6.でした。

その内28に戻りそうな感じです。

アクセルオフ時の空走距離も変わらない感じですね。ま、AAAのタイヤではないのでこんなものではないでしょうか。

値段も安いし、トーヨータイヤが好きになっちゃう。個人的に柔らかいタイヤが好きなんです。

次はフロントにもトーヨー入れようかな。

PageTop

プリウス 最高速仕様 

今年、雪の中を走り回った影響でしょうか。

下側のグリルを点検したら、真ん中から折れました。

元々好きなデザインではないので撤去。

メッシュでも貼ろうかと思ったけど、メッシュもなかなかの値段しよる。フォグランプとの兼ね合いもあるし。

スムーズインダクションもデザイン的に合わなかった。ここに貼るのも勿体ないし。

夏だし、冷却効率高そうだから暫くそのままで。と決意。秋になったら塞ぎますわ。多分。

このまま単なる空間だと、何か、間抜け。

お安く、何か誤魔化せる小細工は無いかしら。


そうだ。ワイヤーで吊って最高速使用にしてみよう。

見る人が見たら、フッ。って思ってくれるはず。

ホームセンターでステンレスワイヤーを1m。

ワイヤーをカシメるアルミ製の部品を2つ。

ステンレスのボルトを購入。(結局使わなかった。)

全部で250円位?(ボルトを使わなかったので実質150円でした。)

本気で最高速を…では無く、お飾りチューンなのでバンパーに引掛けて、上に吊っている風に見えれば十分。

バンパー下側に引掛ける所があったので、そこに引掛け。

上側は、ボンネットキャッチャーの所に引掛けようとしたけど、ワイヤー1mでは足りなかったので、針金で吊って終わり。


うん。まぁまぁかな。

ラジエーター類がもっと前にあれば、前置きインタークーラーみたいになるんだがねぇ。なんか、まだ締まらない。

・・・無限ホールでも作ってみるかな。



PageTop

プリウス NHW20型 トランク浸水修理

今年の梅雨は雨が凄かった。

そして、プリウスのトランクへの浸水も酷かった。

もうね、プールだよ。グロメット外したら駐車場にちょっとした川が出来たもの。

流石に毎回点検して乾かしてというのも面倒なので、いい加減ちゃんと対策します。

この症状、あまりネット上でも情報が無い。みんな気付いてないだけじゃない?スペアタイヤの場所なんて点検しないでしょ。

結構、すごい量溜まってるかもよ。


いろいろと試した結果、水の侵入経路を確定。

私の場合はココ。助手席側のリアですね。既に修理が終わった状態です。



外側から見るとココの中。


小物入れ下に水が溜まってましたので、こちら側の不具合。

補器バッテリーが浸水してたら、運転席側の内装を外して下さい。

同じような物が付いてます。



ところで、コレ、何???

ハイブリッドの冷却とかと関連してるのかな?

内側から見ただけでは解らなかったけど、バンパーを外してみたら、この枠体についてるテープが経年変化で薄くなったことにより、隙間が出来ていた模様。

ホームセンターで買ってきて張り直すのが正当な修理でしょうが、手持ちで何とかしてこそサンデーメカニック。

正当修理なら店に頼むわい。



・・・作業を一旦中止して買いに行くのが面倒なだけです。


隙間を埋めるなら、コーキングだべな。

確か倉庫にあったよな。シリコンシーラント。ってことでコーキング。

終わった後で気が付く。


・・・アルミテープでも上から貼ってしまえば良かったんじゃ…。

ってことで取りあえずテープも施行。


結果。治った。


以下、修理手順。

①トランクの中身を外す。スペアタイヤも外す。

②乾かす&掃除。

③内装を外す。

④リアバンパーを外す

⑤大元の部品をテープで固定。

⑥全て戻す。


時間は2時間位。乾燥時間が長いから。純粋な修理時間は30分位かな。

修理代金。多分、50円位?





PageTop
.new {color:red; font-weight:bolder;}