FC2ブログ

CFT Turning

乗り心地や運転に不安がある方、車酔いに困っている方のお助けになれば!

CB400SF VTEC NC39 SPECⅠ

ってバイクも所有しております。

友達が、アフリカ行くからってことで、安く譲ってもらったんです。

金が無いから車検切れのまま。長期保存しております。ちょこちょこと556を吹きかけているので、錆はなく、それなりに良い状態を維持しております。

そろそろ乗りたいなぁ。

でも、引き出したら、車停める場所がなくなっちゃうしな。

乗り出しまでかかる金を考えると、ちゃんとした置き場を確保してからだよなと。

以下、乗り出しまでの道。

・タイヤ前後
・チェーン
・タンクの錆取り
・キャブも店でOHかな。
・車検
・任意保険
・バッテリー

うーん。15万コース。

なかなか思い切れないなぁ。

取引先の方がツーリングに誘ってくれるとかのシチュエーションが無い限り、家を買うまでは動かせませんな。

でも、乗りたいのぅ~。

スポンサーサイト



PageTop

外れた…。

先日、落札したエンジン。そのまま乗せるのもねぇ。折角単体なんだからと、点検しました。

結果。負けました。

ラウンド1。
0.5オーバーサイズピストン。 純正部品出ないじゃん!HONDAの野郎!

ラウンド2。
腰下にエアクリの劣化した物が吸い込まれてるじゃん。なんか、砂利っぽいし。

ラウンド3。
オイルポンプのメクラを外したら、ギヤも無かった。混合に戻すの手間かかるな。

結果、TKO負け。

取り合えず、クランク周りの砂利だけ混合ガスで洗って、元に戻しました。

ギアも取る位本気なら、エアクリの状態を見るのは常識じゃないの?何なんだよ。もう。

このまま積むか、ベアリング交換するか悩み中。クランク交換は避けたいが、どうせならって気もする。

ベアリング交換するなら、電動インパクトが欲しいなぁ。

PageTop

ヘッドライトのクモリが嫌なの。

フォグを黄色にして差別化を図る。

ヘッドライト用フィルムを買ってみるも、あまりに黄色すぎて似合わなかったので、何かに使いたかっただけです。安物フィルムは一切伸びないんですね。こりゃヘッドライトには貼れないわ。

ついでにヘッドライトを磨く。やっぱりライトのクモリをとると、車が若返りますなぁ。

この、クモリを誤魔化そうとしてフィルムを張ろうとしたんです。まぁ、結構スッキリしました。

PageTop

スピーカー交換

プリウスのフロントスピーカーをケンウッドのセパレート型(KFC-VS16) に変更しました。

段ボールデッドニングもついでに施工。

劇的変化にビックリ。特にボーカルが全然違う。
いい音だと音量上げても不快にならない。

満足。

そして、プリウスの研究され尽くした結果のコストダウンに敬意!

ここまで研究した結果なら、文句なし。自分好みに制震、防音します。


で、交換の方法等は他の方が詳しく公開しているので書きませんが、NHW20プリウスのスピーカー交換についての感想等を。

・バッフルボードは17センチ用です。純正スピーカーは16センチですが、バッフルとスピーカーが一体化しているので、ボードの規格としては17センチ用です。

・今回は純正のサイズを。と思い、16センチのスピーカーですが、当然17センチが入ります。

・純正はリベット止めなので。φ3.4の電動ドリルでふっ飛ばしましょう。リューターでは力不足でした。バイクのサイレンサーのリベットより硬いです。が、ホームセンターの1980円のドリルで十分でした。

・どーでもいいけど、20プリウスの純正スピーカーは紙で、1WAY。ま、ツイーターがありますから十分です。MAX20。レガシーの純正はプラスチック?で2WAY。MAX35。

・鉄板が薄い。雨よけ程度ですね。コンコン叩いて、震えるとこに制振材を…って、全部ですよ。薄いもん。本格デッドニングするなら、アウターパネル全てに何かを貼る必要がありそう。そりゃ外に中の話が漏れ漏れだわ。

・内装とドアパネルの間のビニールがちょっと厚い。そして、スポンジがついてる。これで最低限の静粛性と音響を保ってるわけですから、研究したんですね。その結果として考えると納得。

・制振材は、後ろのドアの中途半端な位置に10センチ程度のが貼ってありました。それだけでした。

・純正ツイーターの配線を隣通し直結しないと、音が出ません。初期型のCRMのリミッタ-カット見たいな感じ。

プリウスのDIYすると、計算された軽量化に感心します。ただ、コストカットの産物に思えてもきますが。

気になるとこは自分で手を加えて下さい。的な感じがなかなか良いかも。レースベースの鉄チングレードを仕上げる感覚ですね。

PageTop
.new {color:red; font-weight:bolder;}